CULTURE

新生活のパートナーは小國神社スグ脇ノ別所窯二アリ。マグカップを見るなら4月中!

こんにちは、森町地域おこし協力隊の神崎です。1週間三重県に行っていたので、森町にはただいまです。

見ごろを迎えていた小國神社の桜を見に来たのですが、みもろ焼きさんでマグカップフェアをやっていたので見に来てしまいました。

小國神社の雰囲気にもぴったりな、優雅で、凛としたたたずまいのみもろ焼きさんですが、マグカップが棚にズラッと並べられているのは壮観です!

これとか、見た目はけっこう重そうというか、存在感があるのに、持ってみると軽やかで、意外に女性がつかっても疲れないんじゃないかと思いました。

マグカップを見ているだけで、が似合うなあとか、ホットミルク飲みたいなあとか、思ってきます。(わたしはコーヒーを飲めないので)

今日、一緒にまわっていた友人は「わたしは基本的に飲み物は水道水だから、こういうマグカップつかって高貴な飲み物を飲んでみたいと思うけど、持ち腐れしちゃうかも」と言っていました。

「逆に、お気に入りのマグカップがあれば、それをつかってあげるためにカフェオレとかいれるようになるかもだよ!もしくは水道水が美味しく飲める」と言いました。

とかなんとか話をしながら見ているのはたのしい時間です。

ギャラリーはアトリエ兼の小屋と、となりに少し小さめのギャラリースペースがあり、そちらにもところせましとかざられていました。

伺うと、期間を定めてしまうと、一気にワーッと来て、こまってしまうため、期間は決めていないらしいのですが、2019年の4月いっぱいはやっているそうです!

あたらしいマグカップがほしいなあと思っている方はいまのうちにぜひ!