地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

遠州森町(天方・三倉)カワセミ街道オープンハウス ぷぶふの日

22.太慶寺

眼下に広がる茶園

太慶寺の住職の阿部雄山さんは定年退職をするまでずっと、教員の仕事をされていました。

大学4年の時にお父様が急逝され、教員の仕事がすでに決まっていた阿部さんは、
仕事をしながらもお寺での修業をし、後を継いで住職になりました。

平日は教員の仕事、休日はお寺の仕事をし、二足のわらじを履きながらこれまでお寺を守ってきました。

ぷぶふの日には、銘木でしつらえた書院や本堂の見学ができ、
敷地内の駐車場からは、素晴らしい茶園のパノラマを見る事ができます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

みんなの帰る場所を守りたい

森町の北部位置する大久保地区は高齢化進み、若者の数も少なくなっています。
お寺の檀家さんも3割以上は大久保地区に住んではいないそうです。

以前より過疎に対しての危機感を持っていた住職さんは、活性化のための活動としてぷぶふの日に参加をされました。

「お寺はみんなの帰る場所。そんな場所としてお寺を守り、残していきたい。」
「外から来る方も、ここに来て大久保の素晴らしさを感じてほしい。」

そんな思いで住職さんは地域に方にも積極的に声を掛け、大久保地区を盛り上げようと活動されています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ぷぶふの日のイベント内容

・建物と景観の見学

「曹洞宗のお寺」ってどんな所?
ほっとする景観、銘木でしつらえた書院と本堂
室内【樹齢120年の杉の柾目と赤味】
室外【駐車場からの大パノラマ】
展示【田中比佐良作・色紙3枚(挿絵画家)」】

住所・連絡先

森町三倉4339 地図はこちら
※駐車場 大久保小学校跡地 八幡神社東側
℡(0538)86-0798 阿部
http://taikeijiokubo.web.fc2.com/

single-ppp