地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

遠州森町(天方・三倉)カワセミ街道オープンハウス ぷぶふの日

15.青山の里

青山の里

青山の里は田舎の原風景のように、すぐ前に川が流れ、背後には山がせまっています。
昭和23年にこの地で生まれた青山さんは、21歳から約35年間静岡市内で働いた後に帰郷されました。

現在月曜日から金曜日は農園での会社(農園)勤めをし、土日は自宅で創作活動をするかたわら、
草作(そうさく)活動として、野草のふき(蕗)の栽培に力を注いでいます。

青山さんがふきに興味をもったのは、今よりも自然が豊かで身近であった少年時代に、
野山を駈け回ったおりにふきを摘んで帰り、煮物や炒め物にしてもらって食べた思い出や、
作物がイノシシ、ハクビシン、シカの被害にあう中、ふきは被害にあわないことから。

 

 

ふきの効能

ふきは成分試験によると、βカロチンが他の植物以上に含まれており、
美肌効果や老化防止をはじめ、現代病の解消にも効果的とか。

また、このふきにあやかって、敷地内に「富貴(蕗)神社」が建立され、
大きな「招き猫」が鎮座、「開運・おおぼらふきのみこと」も祀られています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ぷぶふの日のイベント内容

・ぷぶふの日のふふふイベント

おもてなし/ふーふーふーとお召し上がりいただく”五月粥”
(五月の山野草を入れて炊いたおかゆ)
ふふふとおもしろい”書と絵画展”
仮説/ふきさらしカフェ
ふく笑い「富貴神社おみくじゲーム」

住所・連絡先

森町三倉449 地図はこちら
℡ 090-9127-7000 青山
http://aoyamadezain.jimdo.com/

single-ppp