地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

遠州森町(天方・三倉)カワセミ街道オープンハウス ぷぶふの日

12.くずのは窯

 

里山の窯房

吉筋恵治さんは20代で陶芸の道を志し修業を続け、生まれ育った森町の葛布(かっぷ)に窯を構えました。
薪を使った登り窯で自然の釉薬を活かした作品が吉筋さんの特徴。
新しい造形にも積極的にチャレンジをしています。

陶房は里山の自然に抱かれるような場所。
その環境の中で、吉筋さんの美しい作品は日々生み出されています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

町への想い

吉筋さんは陶芸作家としての仕事の他に、ぷぶふの日を主催する森町ツーリズム研究会の会長や、
町の議員も務めています。

町のことを想い行動を続ける吉筋さんは、とにかく自分から動くことを心がけています。

森町の芸術と文化を通じた町づくりのために、今日もどこかで汗を流しています。

 

unnamed

ぷぶふの日のイベント内容

・陶芸展 自然釉が成す陶芸の美

住所・連絡先

森町葛布436 地図はこちら
℡(0538)85-0174 吉筋

single-ppp