地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

遠州森町(天方・三倉)カワセミ街道オープンハウス ぷぶふの日

8.日月神社

400年の歴史

森町の鍛冶島にある日月神社(ぢつげつじんじゃ)。
伊勢踊りの伝搬からおよそ400年続く神社です。

境内には樹齢およそ400年と伝えられる幹周6mの大杉や
夫婦和合の榊があり、荘厳な雰囲気が漂います。

何か惹かれるモノがあり、私も何度も訪れている場所です。

 

CA3H0041

 

伝統を継承する宮座(当屋)制度

日月神社では伝統を伝えていくため、当屋という制度を継承しています。

氏子の中で、当屋に選ばれた方が種を引き継いだ粟(あわ)の栽培を行い、
毎年10月の例大祭で粟おこわを奉納します。

「神社という存在を通して、過去から現在、そして未来へと心を繋いでいきたい。」

種を引き継ぐことが心を引き継いでいく。
簡単ではないかも知れませんが、素晴らしい伝統だと思います。

ここに来ると元気がもらえる。森町のパワースポットです。

 

photo032

ぷぶふの日のイベント内容

・伊勢信仰と神仏習合を曼荼羅から考える。

「伊勢踊り」の伝播から四百年余、「宮座制度」を継承する神社。
樹齢400年、幹周6mの大杉と夫婦和合の榊。
拝殿に続く84段の石段

 

住所・連絡先

森町鍛冶島562 地図はこちら
℡(0538)87-0126
http://jitsugetsu.hamazo.tv

single-ppp