LIFE STYLE

【人物紹介】アクティ森でインターンシップをはじめた藤澤くんです。

こんにちは、地域おこし協力隊の神崎です。天気がいい日は散歩をして、森町の風景を眺めるのが癒しの時間です。

今、協力隊として活動を始めてから8カ月目になり、森町での生活にも慣れ、知り合いが増えつつあるのですが、散歩をしていると、見知った顔に会います。

満面の笑顔でダブルピースをしてくれた彼は藤澤くんといいまして、森町生まれ森町育ちの生粋の森っ子。今年の春に大学三年生になりました。

森町では、有志のかたがたが地域おこし活動をしていて、ぷぶふの日、町並みと蔵展、森ほたるなどいろいろなイベントが時期ごとにあるのですが、彼は積極的にいろいろな催しに参加、協力している人物です。

そんな藤澤くんは、今年の四月からアクティ森でインターンシップをするとのことです。

アクティ森は、森町の中でも北部にあたる、問詰(といづめ)という地域にあります。平成5年にできました。

http://actymori.jp/

アクティ森でも季節ごとにクラフトフェアや、チューリップフェスティバルをやっているので、森町に住んでいる人や、磐田、袋井、浜松のかたがたでにぎわいます。

これは秋に開催されたクラフトフェアでおこなわれた餅つき体験会の様子です。

子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、幅広い年代が楽しめるイベントでした。

女の子が力いっぱいお餅をつくのをやさしく見守る図。

よもぎ餅。あんこときな粉の二種類をつくってくれました。

すこし離れたところでは合唱隊の奥様たちの美声が響いていました。

そんなアクティ森では、陶芸や、染物などの体験や、グラウンドゴルフ、テニスなどのスポーツもできます。

藤澤くんは体験コーナーのところでスタッフをやっているらしいので、ぜひ見かけたときには声を掛けてあげてください!きっといい笑顔で迎えてくれます。