地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

毎月第4土曜開催!森の「健康」軽トラ市 ①

軽トラ市とは?

軽トラ市は、農家さんが軽トラの荷台を使って始めた市場。

田舎では必需品の軽自動車を使って、気軽に商売ができることから、
今では日本全国へと広がりました。

ついつい便利さから、ネットで買い物をすることも多くなった現代ですが、
出店者とお客さんが対面で直接買うことのできる軽トラ市は
人と人との交流が生まれる素晴らしい試みだと思います。

 

森町健康軽トラ市に行ってきました!

森町でも毎月軽トラ市が開かれていると聞き、1月末におじゃましてきました。
朝9時半開始とあり、少し早めに伺いましたが、会場にはすでに沢山の方が来場していました。

森町の軽トラ市は森町商工会の主導で平成23年に始まり、昨年5周年を迎えたところ。
もともとは三倉・天方地区の中山間地の農家さんと、
買い物に不便な高齢者の方をつなげたいとの思いから始められたそうです。

出店する仲間も徐々に増えてきて、
自然と「健康・手作り・地産地消」にこだわったメンバーが集まりました。
そして名前も森町「健康」軽トラ市になりました。

 

 

個性的な出店者をご紹介します!

出店者は毎回少しずつ変わりますが、皆さん個性的な方々。
会場は笛やアコーディオンなどの音色につつまれて皆さん楽しそうです。

出店者さんをご紹介をしていきたいと思います。

 

山本環境整備さん

本業は清掃屋さんですが、お花が大好きな社長さんは趣味が高じてお花を販売することに。
森町商工会の会長でもある社長さんは、自ら軽トラ市を盛り上げます。

 

創藝舎さん

創藝舎の入澤さんは木工家具職人ですが、田舎暮らしの達人です。
衣食住に関わることはなんでもやる入澤さんは、
ご夫婦でキムチや干し柿、ジャムなど農産物の加工品を販売しています。

 

1☆2☆3☆さん

女性仲間で本格的なエスニックカレーや揚げ物などを販売しています。
いただいたカレーは本当に美味しい!
今回はスープやおしるこも販売していました。

 

ちいさなまうい工房さん

手作業でお菓子をテーマとした小物をつくっています。
小さくて繊細な作業はすべて娘さんの手づくり!
親子仲良く販売をされています。

 


高橋農園さん

中山間地の三倉で有機農業を営んでいます。
平飼いで育てた卵や季節のお野菜、手づくりの小物も販売。
移住者の大先輩です!

 

遠州和田農園さん

森町在住で無農薬の野菜作りをされている農家さんです。
和田さんの焼きいもはなんと「壺焼き」!
紅はるかはスイーツのように甘い!

 

森の健康軽トラ市は毎月第4土曜日、健康福祉センターで開催!

出店者さんはまだまだいるので次回に続きます!

問合せ先

森の軽トラ市実行委員会(森町商工会内)
℡0538-85-3126

日時 毎月第4土曜日 9:30~12:00ごろ
場所 健康福祉センター 静岡県周智郡森町森50-1

 

 

 

 

single