FOOD

「森町の応接室」おさだ苑ではお茶とお菓子でおもてなししてもらえる

こんにちは、森町地域おこし協力隊の神崎です。

茶人としても活動しているわたしは、森町のお茶をつかっていろんな地域でお茶会をしているのですが、森町のお茶の中でも特に、お抹茶を自農園でつくっているおさだ苑さん(以下敬称略)にはお世話になっています。

そんなおさだ苑は、お客様全員に、お茶とお菓子のサービスをしています。

緑茶の「春うらら」と、健康茶の「やまぶきなでしこ」がレギュラーのお茶で、お菓子は季節によって「ゆず葛切り」や「抹茶あずき」や「抹茶のクリームサンド」など、変わるので、いつ行っても楽しむことができます。

はじめて森町に来た時も、町のかたに、車で色々な場所を案内してもらったのですが、おさだ苑に連れてきていただき、「ふつうに美味しいお茶をタダで飲めるんですか!?」と驚きました。

わたしも、東京などから来た友人を案内したりするのですが、その時は必ずおさだ苑に連れて行っています。

ひとをもてなすために、町のお茶屋さんに案内してお茶を飲ませるというのが不思議な気持ちですが、なんというか「応接室」みたいだなあと思ったりします。

静岡県のおもしろいところは、お茶どころなだけあって、SAで無料の緑茶が飲めたり、飲食店でも無料でお茶が出てきます。東京ならせいぜい薄切りのレモンをいれた水なのに。

そして、地域というか、畑や生産者さんや、お茶屋さんによって、お茶の味はそれぞれ個性があるので、静岡県内でも、いろんな味香りのお茶があるのを、楽しむことができるのは素晴らしいことだと思います。

おさだ苑は、森掛川ICを出て、すぐのところにあるのでぜひ森町に来た時には立ち寄ってみてください。