地域おこし協力隊員イワセとその仲間たちが「遠州の小京都」静岡県森町の魅力的なヒト・モノ・スポットを発信していきます

ゆっくり歩こう「半夏生の里 鍛冶島」③

「半夏生の」先には

国内有数の半夏生群生地を誇る「鍛冶島地区」。

今回も実際に地区を歩いたレポートの2回目になります。

半夏生の先に広がる、鍛冶島地区の魅力をお伝えします。

「本村の三滝」と「ブルーベリー園」

半夏生の群生地を過ぎて、水路沿いを歩いていきます。
ここから先は下り道が中心です。

途中で大きなカエルにも会いました。

 

 

下り道を過ぎると本村(ほんむら)集落に入ります。
本村には3つの滝からなる、「本村の三滝」があります。

 

 

滝の下にあるブルーベリー園は、7月から8月にかけてブルーベリー狩りを楽しむことができます。

 

「趣のある寺社」と「お惣菜のかづさや」

立派な門が前のお宅を過ぎると「日月神社(ぢつげつじんじゃ)」があります。
伊勢踊りの伝搬から400年の歴史を誇る、鍛冶島の村社です。
ここはも6月に入るとホタルが舞います。

 

 

日月神社の先には山の中のお惣菜屋さん「かづさや」があります。
特に煮豆が評判で、森町中にファンがいらっしゃいます。

 

 

今回は少し寄り道をして1497年開山の曹洞宗吉川山「自得院」へ。
ここの住職さんは、毎月ありがたいお言葉を掲示して下さっています。

 

吉川沿いを歩き、いよいよゴールです。

自得院を回り、今回は吉川を沿う県道ルートで戻ります。
しばらく歩くと出発地点のトイレに到着です。

 

情緒ある里山を体感できる「鍛冶島地区」

鍛冶島地区には日本の原風景の様な、ほっとする景観が広がっています
集落ごとに景観が変化に富んでいて、周遊するとより楽しめます。

今回は「お惣菜のかづさや」さんでおかずを買って食べたりと、
3時間半ほどかけてゆっくり楽しむことができました。

個性ある神社やお寺をめぐりながら、鍛冶島をゆっくりと周遊していただきたいです。

問合せ先

森町ツーリズム研究会
美しい茶園でつながるプロジェクト推進部会事務局
(森町役場産業課内)
℡0538-85-6315

関連リンク

静岡県「美しい茶園でつながるプロジェクト  森町天方・三倉地区」 こちら
森町役場「半夏生への小径ガイドマップ」 こちら

single