ぷぶふの日

【ぷぶふの日】よし川の里きくち

かわせみ街道の不思議な家

アクティ森からかわせみ湖へ向かう途中、吉川が大きく曲がり、流れが変わる場所にある不思議な家。
そこは菊池豊治さん、明子さんご夫妻の大切な場所でした。

元数学の先生で、好奇心旺盛で情熱あふれる豊治さんは、
かつて様々な文化や価値観を知りたいとの思いから、日本を飛び出しました。
明子さんやお子さん達と一緒に、海外の日本人学校にいたことも。

退職後にご夫妻が始めたこと。
それは、明子さんが幼少のころに育った古民家を蘇らせること。
もともと器用で手を動かすことが好きな豊治さんは、こつこつ時間をかけて、この空間を作り上げました。

ご夫妻の一番のお気に入りは居心地のよいバルコニー。
吉川のが見渡せるこの場所は、川のせせらぎ、鳥のさえずりが聞こえます。

 

森町の良さを知ってもらいたい。

古民家はご夫妻が友人を招いたり、海外からのホームステイの受入れをしたりと活用され、
森町の良さを沢山の方に知ってもらいたいと、ぷぶふの日にも継続的に参加してきました。

そしてついには念願のカフェをオープン。
毎月第1、第3日曜日の営業日にはランチも楽しむことができます。
森町を訪れた方をもてなし、様々な人が交流できる場所になりました。

亡くなった豊治さんの情熱が、この古民家には宿っています。
手作りの不思議な空間を体験しにお越しください。

ぷぶふの日のイベント内容

・素敵な手作り作品の展示と販売
・飲食コーナー(お茶・コーヒー・軽食)

おいしい飲食でおもてなしします。
「おんな城主直虎」で放映された橋と
砂鉄が採れた「吉川」をベランダから眺めることができます。

※ぷぶふの日以外の営業日はお電話にてご確認下さい。

住所・連絡先

森町鍛冶島531 地図はこちら
℡080‐6904‐4192 菊池