ぷぶふの日

【ぷぶふの日】天方茶農協

地域のお茶組合

森町天方地区は、森町では古くからのお茶の産地。
これまで各集落ごとに営んできた茶工場を集約してできた組合が「天方茶農協」です。

現在50数件の組合員によって運営されており、
お茶の収穫時期になると、夜通し明かりの灯った加工場で加工をし、共同でお茶の出荷をしています。

 

甘みのあるお茶「おくみどり」

天方地区は平地の少ない中山間地。

乗用の大きな機械が入れられる農地は少なく、平地よりも手間がかかります。
高齢化により組合員も減少し、それに伴いお茶の加工量も減少しています。

通好みの「渋み」が特徴の天方茶。
近年では現代の嗜好にあわせ、甘みのあるお茶「おくみどり」という品種も育てています。

ぷぶふの日には天方茶の試飲サービスも。
組合員の皆さんとお話をしながら、ゆっくりとした時間を過ごしていただきたいです。

 

ぷぶふの日のイベント内容

・香りただよう新茶の販売
・地元野菜の販売
・茶道の作法で点てた試飲体験(日曜日のみ)

本物のリーフ茶の味と甘味の味・・天方茶
太田川のせせらぎにカワセミが舞う山谷(ヤマアイ)で飲んでみてくだ茶い・・あまがたちゃ

住所・連絡先

森町問詰1687 地図はこちら
℡(0538)87-0121、090-2681-8157